メニュー

導入事例

自動車(ダイカスト)
業界 自動車(ダイカスト)
目的 チョコ停後の良品ライン見極めとして
計測箇所 金型可動側キャビティ5か所
効果 チョコ停後の状態とサチレートまでの様子が可視化でき、捨てショットの根拠としてデータが収集できた

設置までの経緯

生産活動のグローバル化において、ヒューマンエラーや変化点の把握状況などによる多くの品質問題や、立ち上げロスが発生しており、生産状態の可視化・定量化技術が必要となった為。

 

 

目的について

Usecase0

鋳造課題に対し金型内部の見える化を実施し、データを蓄積。

良品条件を国内で見極め、ゆくゆくは海外展開を図る。

設置後の測定結果

Usecase1

金型温度を計測することで、チョコ停からの温度上昇の状態と、サチレートまでの様子が可視化できた。(右図)

今後は、チョコ停後捨てショットの根拠づけとして、蓄積した計測データを活用予定。

お問い合わせはこちら

お電話、またはメールフォームにて承っております。まずはお気軽にご相談ください。

Copyright ©匠ソリューションズ株式会社 All Rights Reserved. - login